身長サプリ「アスミール」を徹底レビュー!口コミ、効果、値段など

 

今回は、アスミールを試してみました。アスミールはココア風味で牛乳に溶かして飲む成長サポートドリンクです。

 

こどもが喜ぶ甘い味ですが、栄養補給もバッチリできるのが魅力で、たった1杯で1日に必要なカルシウムや11種類のビタミン、鉄分など成長期に欠かせない栄養素の約70〜90%が摂れる手軽さと頼もしさがあります。

 

カルシウム3種類を組み合わせたトリプルカルシウム、成長ホルモンの分泌に働きかけるZAPバランス(亜鉛・アルギニン・プラセンタ)など独自の工夫も光っています。

 

アスミールは、楽天市場の2017年2月期の売上デイリーランキングで第1位、成長期飲料ランキング 満足度 第1位(キッズランキング調べ)を獲得しており、成長サプリのランキングでは必ず上位に飛びこんでくる大人気のドリンクです。

 

アスミールの公式サイトはこちら >>

 

我が家の「アスミール」体験。★で表すと…

内容
安全性
飲みやすさ
価格
フォロー体制
我が子の反応
おすすめ度

 

アスミールは、私の成長ドリンクへのイメージをガラッと変えてくれました。

 

今までは、牛乳に溶かして飲むドリンクタイプは、錠剤タイプに比べて栄養素の種類や量は劣るけれど、錠剤が飲めない子にとっては少しでもカルシウムや他の栄養が摂れる手段だし、牛乳だけ飲むより全然いいし・・・と思っていました。

 

実際、同じタイプのミロやセノビックなどはそんな感じです。単純にカルシウムの量だけで比べてみても、ミロは220mg、セノビックが260mgですがアスミールは488mgで、この時点でまず差を感じます。

 

そして、カルシウムの量はタブレットやグミ、錠剤タイプと比べても遜色ありません。カルシウムが多く摂れることで評判のノビーノでも400mgなので、アスミールが突出しています。

 

もちろん、カルシウムの量だけで判断するわけにはいきませんが、アスミールはカルシウムの吸収を助ける成分もちゃんと入っていますし、ビタミン11種類や鉄分も、錠剤タイプの成長サプリと比べても勝るとも劣らない量を摂ることができます。

 

こどもに摂らせたいけれど、成長サプリでそこまで欲張るのは…と思っていたDHAまでも入っているのには驚きました。

 

ただ、ZAPバランスという独自のバランスについては、大々的に打ち出している割にアルギニンもプラセンタも微量なのが、いくら栄養素は量より組み合わせとはいえ少しマイナスですが、他の栄養素で充分頑張ってくれているように思います。

 

甘い味のものには珍しく合成甘味料が不使用なのもうれしいですし、価格も質の割に安いです。

 

「アスミール」にはどんな特長があるの?

3種類のカルシウム488mgと11種類のビタミン、鉄分で栄養満点! さらにアスミールオリジナル”ZAPバランス”も。

アスミールはカルシウムを中心にビタミン11種類、鉄分など成長期に摂りたい栄養素がたっぷり入っており、栄養素の種類とその含有量にまず驚かされます。

 

特に、カルシウムの量は他の成長サプリにないほど多く、1日1杯で488mgもの量を摂ることができます。カルシウムは吸収されにくい性質のため、大量に入れればいいというものでもないのですが、アスミールはそのあたりもよく工夫されています。

 

1つめの工夫は、トリプルカルシウムであること。ドロマイト、魚骨焼成カルシウム、胡麻ミネラルの3種類のカルシウムが入っています。

 

 

ドロマイトは石灰化したサンゴからとれる成分で、カルシウムと、その吸収を助けるマグネシウムが初めから黄金比率の2:1で含まれています。魚骨焼成カルシウムはタラなどの骨を焼いてカルシウム分を粉末にしたもので、卵殻カルシウムよりも骨への吸収率がいいとされています。

 

胡麻ミネラルはカルシウムをはじめミネラルが豊富なのですが、そのままではシュウ酸やフィチン酸などの物質が吸収を阻むので、これらを除去し、ミネラル分だけ摂れるように加工した成分です。この3種類のカルシウムを組み合わせることで、相互に働きかけ、吸収力を高めているのです。

 

2つめの工夫は、カルシウムの吸収を助けるためのサポート成分も充実していること。

 

それがマグネシウム、ビタミンD、CPP(カゼインホスホペプチド)です。CPP(カゼインホスホペプチド)は少し聞き慣れない成分ですが、カルシウムと結合し、体外に排出してしまうリンと、このCPP(カゼインホスホペプチド)が結合することで、カルシウムとリンの結合を防ぎ、多くのカルシウムが体内に残るよう働いてくれるという成分です。

 

ただし、カルシウムとマグネシウムは比率も大事で、2:1で摂らないとうまく働かないといわれる中で、アスミールのカルシウムは488mg、マグネシウムは75.5mg。…ややアンバランスであることは頭に置いておいてもいいかもしれません。

 

その分、ビタミンDが1日の必要量の75%も入っていたり、カゼインホスホペプチドという心強い助っ人成分も入っているのかなという気がします。

 

また、アスミールはZAPバランスという独自のバランスで、成長ホルモンの分泌を促すための栄養素を組み合わせています。

 

 

ZAPとは亜鉛(Zinc)、アルギニン(Arginine)、プラセンタ(Placenta)の3つの成分のことで、亜鉛は成長ホルモンのもとになるたんぱく質の合成を助け、アルギニンは成長ホルモンの分泌を促し、アミノ酸やビタミン、ミネラルを多く含むプラセンタは亜鉛とアルギニンの働きをサポートする役割を担います。

 

ただし、こちらは亜鉛2.1mgはともかく、アルギニンが0.06mg、プラセンタも0.06mgと微量で、ないよりはあった方がいいという感じでしょうか。

 

個人的にはカルシウム、ビタミン類、鉄分、さらには集中力にいいDHAまでもがたっぷり入っていることを重視したいです。

 

甘い味つけながら合成甘味料は不使用というレア感! 着色料・保存料もなし

 

原材料表示を見ると、香料以外に特に気かがかりはありません。アスミールの甘い味は、主にグラニュー糖とココアパウダーでつけられているようです。

 

こどもが喜んで続けてくれるのなら、ある程度糖分は入っていても仕方ないと思うのですが、これがアスパルテーム、ネオテーム、スクラロース等の合成甘味料では安全面でグレーな部分があり、こどもに毎日摂らせるのは少し心配ですよね。

 

その点、アスミールは合成甘味料は不使用で安心できます。ちなみに原材料表示にある、乳糖果糖オリゴ糖というのはラクトスクロースとも言われ、腸内のビフィズス菌を増やしてくれる働きをするもので、単なる甘味料とは異なります。

 

そして、公式サイトには「使う原料は全て国内製造原料、国内工場にて製造」とあります。

 

正直なところ…国内工場で製造というだけでは、ISO取得やGMP認証の工場での製造をアピールポイントとしている成長サプリもある中では若干弱く感じてしまうのですが、原材料・製造環境とも詳細不明という成長サプリも少なくないことも考えると、アスミールの安全性は中の上、上の下といった感じでしょうか。

 

おさえておきたい放射能残留検査についてはクリアです。

 

・・・以上の理由から、サプリの内容 です。サプリの安全性 です。

 

「アスミール」はどんな子にオススメ?

アレルギー

大豆・乳由来の成分が含まれています。大豆アレルギー・乳アレルギー持ちのお子さんは要注意です。

 

対象年齢

アスミールは対象年齢を特に設定していないようです。

 

甘い味のドリンクなので、幼児のうちからゴクゴク飲めてしまいそうですが、成長ホルモンの分泌が整ってくる6歳以降の方がより効果的かもしれません。

 

それより下のお子さんの場合は消化器官が未熟なため、うまく栄養素を消化できない可能性もあります。

 

「アスミール」は飲みやすい? 味や飲み方は…

ココア味です。

 

1日の摂取量と飲み方

1日1杯で、アスミール6gを100mlの牛乳に溶かして飲みます。アイスでもホットでもOKです。

 

アレンジ

アスミール+水

ココアの味は強く出ているので飲めなくはないです。ただ、粉と水が分離しやすく、牛乳分のカルシウムも摂れないので、よほどの牛乳嫌いなら別ですが、水で飲むメリットはあまりないかと…。

アスミール+豆乳

こちらは普通に美味しいです。無調整豆乳を使うとちょっとスープ寄りになるというか、コクも出ます。アスミール豆乳ver.は、牛乳ver.よりカルシウムの量は減りますが、鉄分・イソフラボンが摂れるようになります。

アスミール+ホットケーキミックス

ミックス200gにアスミール20gの割合です。ふわっとココア風味のパンケーキになり、息子も喜んで食べていました。「バナナをつぶして混ぜても美味しい」とレシピにはあったのですが、我が家にバナナがなかったので…。

アスミールはココアパウダーのようにパンケーキ、クッキー、ムースなどお菓子作りにプラスして使うことができます。

 

さらに公式サイトでは一歩進んで、「牛肉の長芋巻き」の牛肉にアスミールを振りかけるというレシピもありました。

 

ネットを検索していると、他にもさまざまなアレンジレシピが見つかるので、試してもよさそうですね。

 

・・・以上の理由からドリンクの飲みやすさ です。

 

アスミールの公式サイトはこちら >>

 

実際に「アスミール」を試してみました

私たち親子もさっそく試してみました!

 


 

アスミールが届きました。しっかりと梱包されています。

 

 

箱に入っていたものを、すべて取り出してみました写真です。

 

 

アスミールは、見た目も香りもほぼココアです。

 


 

栄養成分や原材料を確認しておきましょう。1杯6gですが、1杯あたりの成分の量で、きちんと書かれているのがポイントです。

 

 

粉を計るための計量スプーンも付いてきます。スプーン2杯で1杯分6gです。

 

わざわざ小さじなど持ち出さなくていいので、地味にうれしいですね。

 

 

今回はアイスで作ってみました。冷たい牛乳と一緒にシェイカーに入れて作ってみました。

 

シェイカーで作ると、よくかき混ざって作りやすいのですが、作ってすぐは泡立ちが少し残ります。

 

 

味はココアそのもので、大人の私も美味しく飲めました!

 

息子の感想 

「普通においしいよ!給食で牛乳飲むけど、これならまた飲んでもいいって感じ!」

 

・・・以上の理由から我が子の反応 です。

 

他のお母さま方の「アスミール」体験談

私たち親子の実体験だけでなく、他のお母さま方の感想も気になるところ・・・。

 

感想は、「良かった」「イマイチだった」両方とも取り上げておきます。

 

良かった派

 

小学校のクラブで娘がバレーボールを始めました。

 

娘は偏食気味で周りの子より少し小さいのですが、ママ友に教えてもらったアスミールを飲ませてみました。

 

娘は牛乳も嫌いなので飲んでくれるかなと思いましたが、美味しいとゴクゴク飲んでくれたので嬉しいです。

 

今では、バレーボール部のレギュラーになれました。


 

息子はサッカーをしているのですが練習で疲れるのか、いつも好きな物だけ食べて寝てしまいます。

 

栄養の偏りが気になってアスミールを飲ませ始めました。

 

いろいろな健康食品を試しましたが、アスミールを1番気にいって飲んでいます。

 

シェイカーで作るのも楽しいようで自分で作って飲んでくれるので安心です。


イマイチだった派

 

「普段私が作る料理だけでは栄養不足になるかと思い、1度アスミールを買ってみました。

 

味は美味しく子供も喜んでくれています。それでも親としては、『これってただのジュースなんじゃないの?』と思ってしまいます。

 

身体的に何か変化があったわけでもないので、続けて購入するか迷っています。


 

定期購入でアスミールをはじめ、2ヶ月ほど子供に飲ませていますが、今のところ特に変化はありません。

 

子供は小柄な体型で、これが本当に改善されるのか不安になってきます。


 

牛乳に溶かして飲む成長ドリンクの感想では「美味しくて、ちょっとでも栄養補給になるからいい」というものが多いのですが、その中でアスミールは「身体の成長を感じた」という声がよく挙がっていたのが印象的です。

 

また、良かった派・イマイチだった派ともに「こどもは喜んで飲んでいる」という感想も多く、美味しさは期待していいかと思います。

 

「アスミール」はどのぐらいの値段?

通常価格は1袋180g 4,102円(税抜・送料別)です。1袋が1ヶ月分ですね。

 

アスミールは牛乳に溶かして飲むタイプなので、1日あたりのコストは牛乳代も足して算出します。牛乳1リットル200円としています。

 

「アスミール」の1日あたりのコスト

通常購入の場合

1袋4,102円なので、1杯あたりは約136円、ここに牛乳代も足します。牛乳代は1?200円で1杯100mlあたり20円です。136 + 20 = 156円です。

 

定期購入の場合

初回は1袋2,050円です。1杯あたり約68円に牛乳代を足して、68 + 20=88円です。

 

 

2回目以降は1袋3,686円です。1杯あたり122円です。牛乳代を足して、122 + 20 = 142円です。

 

「アスミール」の割引システム

 

 

アスミールには、定期コースがあります。3回以上の継続が条件ですが、初回は通常価格の半額2,050円、2回目以降も10%オフの3,686円で購入することができます。

 

これは公式サイトからの購入のみ限定です。配達ペースは毎月1本と固定されています。

 

「アスミール」の送料

・630円(全国一律)

 

ただし、5000円以上購入の場合、送料無料。

 

「アスミール」の支払い方法

・クレジットカード
・使用可能なカード→VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners
・NP後払い
・代金引換

 

購入サイト

公式サイト

 

楽天市場

・1袋      4,430円(税込・送料別) 
・3袋セット  11,940円(税込・送料別)

 

amazon  

・取り扱いなし

 

楽天市場は、アスミールの公式サイト「イッティ」が出店しているので、通常価格は公式サイトと同じです。

 

ただ公式サイトには、楽天やアマゾンではやってない「半額になる定期購入」があるので、続ける前提の場合は公式サイトからの購入をおすすめします。

 

「アスミール」の返金システム

購入者都合による返金保証システムなどはありません。

 

・・・以上の理由から、サプリの価格は です。サプリのフォロー体制は です。

 

アスミールを作っている会社はどんなところ?

 
アスミールを手がけるのは株式会社イッティ。アスミールをはじめ健康サプリメントや矯正下着、安眠枕など、健康と美容のための商品を幅広く扱うサイト「一番星オンライン」を運営しています。

 

加圧下着の「Vアップシェイパー」もこちらの人気商品のようです。

 

アスミールの公式サイトは、特長・原材料・感想・価格などをグラフや画像、漫画などを多く使い、分かりやすい構成となっています。

 

ごく一般的な成長サプリの販売サイトで、コラムやお役立ち情報等も載っている情報サイトのような感じではありませんが、成長サプリを選ぶ際にこちらがほしい情報はほぼ揃っていました。

 

アスミールの公式サイトはこちら >>